1. TOP
  2. Products
  3. グローブボックス

グローブボックス

グローブボックスは、手だけを差し込んで作業ができるように設計された密封容器です。
容器内は外部の空気から隔離されており、空気中では酸化してしまう物質や水分を嫌う物質を取り扱う作業、人体に有害な物質を扱う際の周囲の安全確保など、多種多様な目的で使われています。
あらゆる使途に対応するために金属(鉄、ステンレス)やプラスチックなどの素材で製作され、用途に応じてオプションや付属品を実装することも可能です。
当社では2種類のグローブボックス(ドライエア型・不活性ガス置換型)を設計・販売しています。
お客様の求める環境に応じたカスタム設計も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

ドライエア型
窒素ガスやアルゴンガス等の不活性ガスを使用せず、除湿ロータを活用した方式により超低露点環境を作り出します。水分濃度を自在にコントロールすることができ、異なるドライ環境を1台で再現することが可能となります。
酸素を含んだ生産環境に近い状態での研究開発が行えるので、量産化へのハードルが下がるだけでなく、大型化も容易かつ安価に実現できます。
また、ボックス設計を自社にて行っているため、コータ・塗工機等の装置を囲い、局所的にドライエアを供給することも可能です。全固体電池製造プロセスに必要とされている超低露点環境(-70℃DP以下)も容易に作り出すことができます。
当社では、高性能タイプから簡易タイプまで幅広いラインナップを取り揃えており、ご予算に応じた設計対応をいたします。
ガス置換型
酸素を嫌う試験環境での作業には、ガス置換型のグローブボックスをご提案しています。
主にOLEDやPLED・OPV製造プロセスに必要とされる、水分・酸素・ゴミを取り除いた環境を作り出すことができます。
自社開発による高気密構造によって、ボックスからルームへと大型化していくことも容易かつ安価に実現可能となりました。

ページトップに戻る